Ph1_enjoy エンパブPick-up!

これからの時代、 「子育てしやすい街」 って、どんな街?

pickup_kosodate
Mio
Written by Mio

今回スタッフが注目したのは、こちらの記事です。

▼独断!東京一「子育てしやすい街」はどこか | 東洋経済オンライン
http://toyokeizai.net/articles/-/111500

よく言われる「子育てに良い街」の条件は、
・郊外の自然が豊かな街
・子育て世帯に手厚いサービスがある街
・教育に熱心な自治体
のように、街の環境や行政サービス視点のもの。

しかし、この記事の筆者は、今後「子育てしやすい街」になるのは
「子育ての場面で受け身になるのではなく、自ら動いて地域に参加し、
地域を作り上げていく親が多く住んでいる街
」と推察。
「普通の人が参加しやすい街」の例として、調布市を挙げています。

その理由の一つとして書かれていたことは、
街の新陳代謝が活発かつ、新旧住民の交流があること
近年はマンション建設により新住民の流入が増加しており、
複数の大学が市内にあることから若年層も常に入ってきているため、
新参者にも鷹揚な雰囲気があるのではないか、と述べられています。

また、約22万人という街の人口がちょうどよいこと
「ここなら何かできるという規模感があり、だから動いてみようと思える」
のではないかという理由も挙げられていました。

行政サービスありきではなく、住民が自分たちで動こう!と思える街は、
これからの子育てする上でも良い環境なのかもしれません。
皆さんのお住まいの街では、いかがでしょうか?

About the author

Mio

Mio

エンパブリック/シティズンシップ・コーディネーター

ツールバーへスキップ