対話をしよう

ペア・インタビューで他己紹介プロフィールをつくろう

ワークショップのねらい

新しく出会う人に自分を紹介する時、どのように伝えていますか?
自分のことは自分が一番知っているようで、案外、自分の強みを自分では見落としていたり、他の人からみたら魅力なのに自分では欠点と思っていたり、たくさんあったことの取捨選択が難しかったりします。

自分のことを相手が表現したら、どのようになるか?
2人1組でインタビューをしあい、相手のプロフィールをまとめるワークショップを通して、他の人の目から自分のことをまとめてみてもらいましょう。

活用場面・時間

  • メンバーの相互理解を深めたい時
  • スタッフのプロフィール紹介を楽しいものにしたい時
  • これからの働き方、生き方を考えている人同士で

時間: インタビュー~プロフィール作成 2時間 + 転機のふりかえり 20分

進め方

  1. イントロダクション:今回の趣旨と流れを説明します
  2. 2人1組になります。
  3. ピア・インタビューのワークシートに、今の自分のキーワードとこれまでのライフステージでのキーワード、次の1~3年のキーワードを書き出してみます。
  4. 相手の人とシートを交換します
  5. .聴き手、話し手を決めて、インタビューします。(1人45分)
    相手が書いたキーワードを基に、その人がどのように歩んできて、現在のキーワードにたどり着いているのか、これからどうしたいか聴きましょう。
  6. 45分経ったら、合図をならし、あと3分で、 キーワードで聞き残したことがあれば追加で聴きます
  7. インタビューが終わったら、聴き手から感想を伝えましょう。(2分程度)
  8. 話し手と聴き手を交代して、同様に行います。
  9. インタビューメモをもとに、聴き手の人が「相手を紹介するプロフィール」をつくります。
    プロフィールは、「仕事で相手を紹介するとしたら?」「プライベートで自分の友達に紹介するとしたら?」の2種類をつくります。
  10. プロフィールができたら、その内容を相手に読み上げて聞いてもらいましょう。
  11. 今日、インタビューを受け、プロフィールを作成してもらって、自分の転機をふりかえり、自分は変化や選択にどのように向き合ってきたのか考え、これからの選択のヒントをえます。
  • イントロダクション資料、ワークシートを、ラボメンバーは下記でダウンロードできます。
このワークショップの実践法を体験したい!

ばづくーるスクール「自分のミッションを探求しよう」 第2回で実施しています。>詳細はこちら

・ばづくーるラボメンバーのためのオンライン版が5月スタート!

ワークシートのダウンロード

*****
これより先のコンテンツは、コミュニティ・メンバー専用のものです。メンバー登録している方はログインをしてください。登録していない方は、こちらからご登録ください。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  

About the author

広石 拓司 (empublic)

広石 拓司 (empublic)

エンパブリック代表
社会起業家の育成に携わる中で、新しいことを始めるには、多様な人たちが出会い、仲間となる場づくりが大切だと考え、2008年エンパブリック創業。地域やビジネスの現場で、本当に使える場づくりの技術を、多くの人たちが使いこなせるプラットフォームづくりに取り組む。慶應義塾大学総合政策学部、立教大学経営学部・大学院21世紀社会デザイン研究科の非常勤講師なども務める。

ツールバーへスキップ