フレーム&ツール・アーカイブ

周りを巻き込み、自分の思いを実現するプロセスの設計!~巻き込む体験デザイン・シート

involve_d

「地域やコミュニティ、組織が、将来、こんな風になったらいいのに」
自分で考え、周りの人を説得しようとして、懸命に伝えても、全然わかってもらえない。

現状は目に見えるので共有しやすいのですが、未だ実現していない新しい状況について、言葉やプレゼンテーションで理解してもらうことは、とても難しいものです。

そんな時は、相手を説得しようとするのではなく、相手の人が体験を通して、相手の人が自らイメージを持って理解・納得していくことが大切です。

しかも、一度の体験で、すべてを理解することはできません。高い山にいきなりは登れず、8合目、5合目、3合目といった中間目標が大切なように、現状と目指す姿のギャップを明確にし、バックキャスティングで中間状態を設定する必要があります。

自分の思うビジョンを人々と分かち合い、良い状況が実現していくために、どのような体験から、どのようなプロセスを経ていけばいいか、設計するためのシートです。

※コミュニティの目指す姿の設計には、コミュニティ・ビジョン・シートを活用できます。

*****
これより先のコンテンツは、コミュニティ・メンバー専用のものです。メンバー登録している方はログインをしてください。登録していない方は、こちらからご登録ください。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  

About the author

事務局 (empublic)

事務局 (empublic)

運営事務局 株式会社エンパブリック

ツールバーへスキップ