【特選】場づくりのヒント 情報アーカイブ(メンバー専用)

サイコロ・トークをしよう!

誰もが気になるけど、面と向かって訊きにくいことがある。
「質問したいけど、いい出しにくいな」「あの人の意外な一面を知りたいな」
そんな時には、ノリで訊いて、ノリで答えるのが一番!

面と向かって質問すると、はぐらかされたりするけど、
自分の流れたサイコロの出た目の質問には、なぜだか答えなきゃいけない気がして、
気が付いたら、聞きにくいことも聞けちゃいます。

<サイコロトークのサイコロは?>

  • saikoro大きなサイコロを用意し、それぞれの面に質問を書いた紙を貼る。
    これが、面が出た時に質問が出るので、一番、盛り上がる!
    -大きいサイコロって? 例) amazonで「大きいサイコロ」を検索
    -発泡スチロールでつくる! (右写真)
  • 家にある小さなサイコロをもってくる
  • スマートホンで、「サイコロ」のアプリを入れる 例)サイコロ10 free
  • 鉛筆に番号を書き込む
    → 番号に対応する質問を、紙に書いて貼りだしておく

<サイコロトークの進め方>

  1. サイコロの質問を発表する
  2. 参加者の人にサイコロを渡して転がしてもらう!
  3. 出た質問に答えてもらう
    質問の答えを書いてもらう専用の用紙を用意すると、さらに盛り上がります!
  4. 次の人にサイコロを回して、サイコロを投げてもらい、回答するを繰り返す
    (3人くらい終わった後、「投げたい人いない?」と呼びかけるもの手)

<サイコロトークの質問>

  • 日頃、訊いてみたいけど、聴くきっかけがないな、と思う質問を考えてみよう。
  • 真面目なバージョン、おふざけバージョンなど2パターンをつくるのもあり。
    一つのサイコロに、真面目とおふざけは混ぜない方がいいかも。
  • 回答しやすい質問を3つ程度、突っ込んだ質問は1つにするのがおすすめ。

About the author

事務局 (empublic)

事務局 (empublic)

運営事務局 株式会社エンパブリック

Leave a Comment

ツールバーへスキップ